FC2ブログ
プロフィール

かめっぽ

Author:かめっぽ
上を見ればきりが無い!
てっぺん、そこにあるのは空なんだ!

知育未発達障害の娘を持つケセラセラなお母ちゃんの、葛藤や愚痴や趣味、むふふな日記をつづっていきたいと思っております。

ビーズアクセサリー作りと、ジョニーデップをこよなく愛しています。

パンとお菓子作りが趣味な夫と、デスメタ息子と、おとぼけ娘と地味に暮らしております。


2011年10/6 お星様に
12年間共にしたシーズー犬しょうちゃんを虹の橋の袂へ送り出しました。少しだけ待っててね…


2012年1/3 お迎え
オカメインコ(ルチノー)♀
ふたばすずきりゅうのふうちゃん
ツンデレお姫様。


2012年8/26 お迎え
オカメインコ(パール)♂
ちょうげんぼうのぼうちゃん
甘えん坊男子。


2013年6/30 お迎え
コザクラインコ(ノーマル色変わり)?
ライムのらいちゃん
性別不明、陽気なラテン系。

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ

MONTHLY

訪問者数
ようこそ
ブログ村
ブログ村参加中♪
にほんブログ村 トラコミュ インコ好きな人へ
インコ好きな人
にほんブログ村 トラコミュ オカメインコへ
オカメインコ
ランキング
ブログランキングに参加中。
ぽちっとお願い致します。

FC2Blog Ranking

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR

「オランダへようこそ」 エミリー・パール・キングスレー

「オランダへようこそ」は、ダウン症児のお母さん、エミリー・パール・キングスレーさんが1987年に書かれた文章です。



ちょっと自己満足と精神安定剤の意味合いもかねて文章を掲載させていただきます。かなり長文なので(笑)興味のない方はスルーしてください



---------------------------------



「オランダへようこそ!」



------障害のある子供を育てるのって、どんな感じなの?と聞かれる時があります。

このユニークな経験の無い方々にちょっと想像してもらおうと思って書きました。-----



赤ちゃんが生まれるのを待っている時って、

一生に一度の豪華イタリア旅行を計画してるような気分。

たくさんのガイドブックを買い込んで、どんな事をしようかと計画で頭がいっぱい。

楽しくて、楽しみで、とても幸せな気分。



ちょっとした会話の本まで買っちゃって、イタリア語での挨拶も覚えようとしたりして♪

豪華ホテルってどんなかしら?

美味しい食事も楽しめそう。

どんな服を着ていこうかしら?

夢は膨らむばかりです。

周りの友達も一人ずつイタリア旅行の計画を立ててるわ。

情報交換して思いっきり楽しまなくちゃ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



数ヶ月が経って、ついに私たちの順番が来た♪

カバンにいっぱい荷物を詰めて飛行機に乗り込む。

計画も完璧。あとは現地に着くのを待つだけ。

飛行機がとうとう着陸態勢に入って、ドキドキする。



スチュワーデスのアナウンスが流れてくる。



「オランダへようこそ♪」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・???



(オランダですって??)



(オランダって、いったいどういうことよ??)



(私はイタリアへの旅にサインしたのよ??)



(イタリア旅行をずっとずっと夢見てきたのに!!)





でも、何かの手違いで飛行機はオランダに着いてしまった。

変更も出来ないらしい。

こうなったらオランダで過ごすしかないみたい・・・・。



大事な事は・・・。

飛行機は無人島でも、気持ちの悪いバイキンだらけの環境の悪い所に着いたわけでもないってこと。

ただ、「ちょっぴり違う場所」ってだけ。



サァ大変だ。

私は慌ててオランダの観光案内を買い込む。

計画していた時とは違った言葉も覚えなおして。

今まで会った事の無い人達の中に入って・・・。



ここは違う場所。

イタリアよりペースはゆっくりとしているようだわ・・・。

イタリアほど豪華な所でもないみたい・・・。

あんなに一生懸命に計画を立てたのに。

「一生に一度の豪華旅行」のはずだったのに・・・。



でもある日、ゆっくりと胸に空気を吸い込んだら・・・・。

素敵な風車が目に付いた。



綺麗なチューリップが目に付いた。

あら、レンブラントっていう素敵な絵を描く画家も居たのね。

ちょっとずつ、オランダを楽しめるようになってきた。



周りの人たちはイタリア旅行の話で盛り上がってる。

「あそこは素敵だったわねぇ」とか「あら、こんな場所もあったわよ?」とか。

みんなとても楽しんできたみたい。

みんなの話を聞きながら私は思う。



「そうよ。私もそこに行くはずだったのよ・・・・。」



「イタリアに行く」という夢が破れたショックと痛みは永久に消えないでしょう。



でも、「イタリアに行けなかった事」をいつまでもウジウジと考えていたらオランダの素晴らしい風景や文化を楽しめなかったでしょう。



みんなとは違う土地だけど、

私はオランダを思い切り楽しんで、そして大好きになりました。



オランダへようこそ!





---------------------------------



この文章に出会ったとき、巧い!正に言い得て妙!!と感じ入りました。

節目節目で起こるアクシデントに、文章にするだけで気持ちが落ち着く事があります。

今出来ることを一生懸命考えていきたいです。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre