FC2ブログ
プロフィール

かめっぽ

Author:かめっぽ
上を見ればきりが無い!
てっぺん、そこにあるのは空なんだ!

知育未発達障害の娘を持つケセラセラなお母ちゃんの、葛藤や愚痴や趣味、むふふな日記をつづっていきたいと思っております。

ビーズアクセサリー作りと、ジョニーデップをこよなく愛しています。

パンとお菓子作りが趣味な夫と、デスメタ息子と、おとぼけ娘と地味に暮らしております。


2011年10/6 お星様に
12年間共にしたシーズー犬しょうちゃんを虹の橋の袂へ送り出しました。少しだけ待っててね…


2012年1/3 お迎え
オカメインコ(ルチノー)♀
ふたばすずきりゅうのふうちゃん
ツンデレお姫様。


2012年8/26 お迎え
オカメインコ(パール)♂
ちょうげんぼうのぼうちゃん
甘えん坊男子。


2013年6/30 お迎え
コザクラインコ(ノーマル色変わり)?
ライムのらいちゃん
性別不明、陽気なラテン系。

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ

MONTHLY

訪問者数
ようこそ
ブログ村
ブログ村参加中♪
にほんブログ村 トラコミュ インコ好きな人へ
インコ好きな人
にほんブログ村 トラコミュ オカメインコへ
オカメインコ
ランキング
ブログランキングに参加中。
ぽちっとお願い致します。

FC2Blog Ranking

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR

もふもふのいる風景

ふうが我が家にきた経緯って、ちゃんと記していなかったなーと…
あれ?書いたっけかな?(爆)

2011年の10月、長年連れ添った愛犬をお星様に返しました。
悲しくて悲しくて、しょうのいない毎日に耐えられなくて、
誰も代わりにはなれないのに、でも代わりの誰かを求めて、
ペットショップを巡っていました。

そんな2012年の1月、まだ挿し餌中のヒナがたくさんいるプラケースに目をやると、
オカメさんが3羽、セキセイさんも3羽、文鳥さんがわらわら?
その中でも、文鳥さんを2羽背中に乗せて悠々としているオカメさんが\(◎o◎)/!
けっして無理やり乗っかられていたというのではなく、
どう?乗っけちゃってるのよあたし!みたいな顔してとことこしてたのがふうでした(笑)

なんだかその堂々としたお姿に一目ぼれしてしまい、
我が家の家族となったんです。

IMG_2125.jpg
ね、ふうちゃん♪
そんな事、覚えてないっぴよ


つれないお方だー(T_T)

あの時は、ほんと、ふうにしか目がいきませんでした。
運命だったんでしょうね(*^_^*)
みなさんの運命の出会いも、よかったら教えてくださいな♪



見に来て下さって、ありがとう♪
それではまた

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 鳥さんとの暮らし
ジャンル : ペット

コメントの投稿

Secre

インパクト大ですね☆

長年一緒だった子が旅立つのは、分かっていても別れが辛いですよね…。
いろんな想いでいっぱいになっちゃって。
私も別れに弱いです(;_;)

文鳥を乗せて悠々と歩く姿…それは目が釘付けになりますね(*^m^*)
ちびっ子の頃からクールだったのか…さすが姫様☆

うちのとんがってるコは…。
入っている水槽を覗いたら、すごい早さで寄ってきて。
右に左にカサカサカサカサ動き回って、他の子をなぎ倒しながら猛アピールしてました…目立つよ、そんな事されたら、ってくらい(笑)
出してもらって触りながら『うちの子になる?』って聞いたら、タイミング良く?猛烈に頭をイヤイヤ!とブルブル振り、店長さんに笑われましたが。
面白かったのでお迎えしました☆

ずっとゴチョゴチョ言っていたので店長さんに『男の子かもね』と言われていたから、とんがりと命名したのに…女子だったという(^_^;)

こんな感じの、出会いです^ ^

No title

ペットレスはすごくつらいですもんね(T_T)
うちも『ヒロ』がお星さまになったときには本当につらかったです。

オカメインコを飼いたくて、でも、私は愛媛の田舎に住んでいてオカメを扱っているペットショップもなかったんです(^_^;)
愛知に嫁に来て、ペットショップでオカメを見たら我慢できなくなってしまって・・・
たくさんいるオカメの中から一羽選んで店員さんに『この子・・・』と言ったらその店員さんが『ハロ』を出して
「僕が飼うならこの子ですね。すごく人懐っこくて大人しいです」
と言われ、オカメインコを初めて飼うということと、世話が難しいということもあり、店員さんの言われるまま、『ハロ』を迎えました。
でも、本当に体も丈夫だし、人懐っこいし、賢いし(親ばか?)この子で良かったと今でも思ってます(*^_^*)
その後は『ハロ』のためにと増え始め、現在三羽+すずめ一羽で落ち着いてます。
今後は買わないつもり・・・つもりです(ーー;)

No title

ふうちゃん、そうだったんだ~~(≧∇≦)
文鳥ヒナちゃん乗せてたなんて
想像しただけで萌えますね♪♪
こんな姿見たらふうちゃんしか目が行かないよね~(#^.^#)

最初はルチノーを探してたんです。
このショップにはルチノーのヒナがいなくて
変わりにプラケースにシナモン系(あまり詳しくなくて^^;)の
同い年の子と何羽かいてて、その中にぷくがいました。
ぷく、前に前にきてたんです。私はここにいるよ~みたいな?(笑)
で、ぷくに決めました♪
りとの場合は前からよくブログにお邪魔してたお家でルチノーちゃんが
産まれて募集されてたのでお願いしてうちの子になりました♪
長くなってすみません^^;

No title

大事なペットを亡くした時の悲しみって
ほんとになかなか癒えないですよね

もちろん、動物だけじゃなく
人間もですが

あたしも
てんの前に飼ってたオカメを亡くした時は
ほんとーに、泣いてばかりでした(*_*)

しばらくは
オカメなんて飼うもんか!って思ってたくらい

でも
出会ってしまったんですよね、てんにw
やっぱり
ペットのいない毎日は考えられないです(*_*)

かめっぽさんは
ふうちゃんが初めてのオカメですか?

ふうちゃんとぼうちゃん
素敵な飼い主様にお迎えされて良かった!
記事だけでも、愛情が伝わってきます!

>きいろさん

別れはいつか必ず訪れる…と覚悟していても、
辛く悲しいですね。

きいろさんは、とんがりちゃんの猛アピールに目を奪われちゃったんですね^m^
しかも絶妙なタイミングでイヤイヤだなんて(笑)
かなりのとんがりっぷり♪これぞ、運命の出会いでしょう(*^_^*)

>ひなち☆さん

ひなち☆さんは、長くオカメさんに思い入れがあったんですね。

ハロちゃんも、ひなち☆さんの所へ来るべくして来た子で、
その縁が、今の鳥さんファミリーを作り上げた訳ですね♪

今後の鳥さんファミリーの行方は…神のみぞ知る?(笑)

>tentenさん

ぷくちゃん、おうちに連れて帰って!ってしっかりアピールして、
tentenさんも、あぁ、この子だ!って思ったんですね♪

今となっては、オカメさんのいない生活なんて考えられないですよね(*^_^*)

No title

ペットロスはキツイですよね
でも他の人には 話せません ペットぐらいで。。。と思ってる人も多いので
インコを入院させたと言っても 変に思われますし
飼ったこと 見送ったことの無い人には 理解されないのかなぁ。。

お迎えの エピソードいろいろあって 面白いですね
うちのプーは 生後半年を過ぎても お店に居て
綺麗なのに 可愛いのに なんで売れないのか 気になって
気になりが高まって お迎えしちゃいましたが
お店の人も 新しいお家の家族になったv-345と喜んでました
もう大きい子だったけど 飼い主とラブラブです

>てんぼーさん

失った命に、もっと何かしてやれなかったのかと後悔ばかりです。

じつは私、生き別れてしまったオカメさんがいます。
名前は『てん』って言うノーマルの女の子でした。

息子が生まれる前に飼っていた子なんですが、
息子の出産の時に知人に預かってもらったんです。
そこで逃げてしまいました。ほんの一瞬の出来事だったそうです。
もう24年も前の事です。

てんぼーさんのおうちのフェルちゃんとてんちゃんも、
たーくさんの愛情を注がれて、とっても幸せいっぱいですよ!!
写真のお顔が物語ってますもの♪

そして、このオカメさん達のおかげで、ブログのたくさんのお友達とも
出会えたんですから、不思議だけれど、楽しいですね♪

>ぴーちゃん&ぴよちゃんさん

確かにありますね。
ペットの病気ごときで何騒いでるの?って事。
でも、私達にとっては大事な大事な家族なんですものね。

プーちゃんに運命を感じちゃったんですね♪
すごーく解ります!!その気持ち(*^_^*)

女王の…

長く連れ添った子を亡くす時…必ず別れは来るとわかっていてもダメですよね…。
代わりの子が居ないのもわかってますけど…。
穴は他のモノでは埋まらないのもわかってますけど…。
それでも生き物と暮らす楽しさを知っていたらお迎えしちゃいますよね。
私も11年連れ添ったうさぎを亡くした後、立ち直るまでにかなりな時間を要しました…。
環境が許さず新しい命を迎えるコトも出来ず…どこか寂しい日々でした。
そして今年の三月にやっとお迎えしたのがオカメさまズです(^^)
今の生活下で飼育可能な生き物で、一緒に遊べて…と、散々考えた末の決断でした。
やっぱり生き物と暮らせるのって幸せですね(^^)

…例えツレなかろうとも…(^_^;)

それにしてもふうちゃん…御幼少の砌から女王の風格を備えておられたんですね…(^_^;)

>ハバネロさん

11年も共にしたうさぎさん、喪失感はいかばかりだったでしょう…
お友達の飼っていたうさぎさんが、怒ると足をたんたんと踏みならすの見て、
ちゃんと感情表現あるんだー感激した事があります。

そしてお迎えしたオカメ様ず。
一緒に下僕街道を進んで行きましょうね(笑)